プロのコーティングでフローリングを最適な状態に

  • フローリング補修を自分で行う場合

    • フローリングは、夏は涼しく、床暖房が入っていれば、冬も快適です。それで、居住率が高い場所に施工されていますので、いくら気を付けていても、知らない間にキズがついてしまっているものです。

      日本経済新聞の正しい情報はこちらです。

      業者の方にお願いすると、数万円はしてしまう補修ですので、何とか自分でできないだろうかと考えることでしょう。今回は、フローリング補修を自分で行う場合、どのようにできるかをご紹介します。

      気になる浴室リフォーム情報は初心者にも分かりやすいです。

      自分では難しいと思っているフローリング補修ですが、ホームセンターに行きますと、様々な補修キッドが売られています。そちらをうまく活用してフローリング補修をしてみましょう。

      キズが浅い傷の場合は、キズの箇所に貼るだけのテープが売られています。



      このテープは、色や柄が選べますので、目立たないように補修できます。

      キズが深い場合ですが、専用のパテを詰めて、色や木目を再現して補修するものが売られています。
      少し本格的になりますが、仕上がりがきれいにいきます。


      キズが細かく、たくさんできている場合は、こするだけでキズを目立たなくするものが売られていますので、そちらを活用してみてください。
      さらに、クレヨンタイプのものやマニキュアタイプのものもありますし、ワックスタイプのものもあります。

      ワックスタイプですが、フローリングの種類によって、ワックスがけができないものもありますので、フローリングの取扱説明書で確認する必要があります。


      フローリングも、キズが多い場合や、経年化した場合は、業者の方にお願いしたほうが良いでしょう。

top